2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサー広告スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ▲ top | 編集 ブログランキング・にほんブログ村へ←気に入ったら”ポッチン”して下さい☆

詩歌2013年詩歌
- 2013/01/24(Thu) -

01月
年明けに心澱むや負の連鎖
こわごわとメールチェックの年初め
年初めTVに和み求めをり
雪かきの姿眺めて腰なづる
窓越しの眩しき庭や雪景色
青空に挑む木陰の雪の塊
ロゼ色の空に浮かぶや冬木立ち
鵜の群の黒々去ぬや冬の空
冬日射し一喜一憂妹の声
義弟(おとうと)の一時退院冬あかり


02月
雪の朝発熱告ぐる震るる声
再入院親族気落ち春遠し
奮い立つ心じゃまする春の雪
古布つなぐ午後の日射しや無事の春
作品を贈るしあわせ春隣り
思ひ馳せ願ひ届くや春の風
八度目の命日家族淡々と想い出話し揃ひ語れり
亡き吾子の好物並ぶ食卓に家族揃ひし夕餉を偲ぶ
まずい出(づ)る雑草春を呼び寄せり
みつけたり朝日にあはき猫柳
庭のすみ花芽きそひてあらはるる

03月
いっぺんに春訪れて笑み毀る
球根花咲く庭隅に和みあり
様変はりひと雨ごとの庭芽かな
役たたぬ経験積むや花粉症
目鼻喉耳中むず痒花粉症

04月
桜舞ふ並木ゆるゆる老夫婦
連れ合ひの皺も愛しや春らんまん
桜花(おうか)舞ふ小路譲らふ若人と
手を繋ぐ若人まねて桜みち
春疾風花びらうけて走りいぬ
遠足の園児はしゃぐや花筵

05月
うなだるる花ひと休み春時雨
静けさや緑あふるる朝の雨
緑立つ庭の眺めやひとごこち
降りしきる糸引く雨や燕切る
昼寝より覚めてなほ降る小ぬか雨
うだうだと雨降る午後や新茶飲む
北国へ春追ひかけて夫婦旅
陸奥やパステルカラー山笑ふ
ひそやかに緑彩る山の藤
とりどりの緑に浮くや竹の秋
塀越しの八重の桜や露天風呂
姑(はは)の背を覚ゆ湯けむり皐月風

06月
とりどりの干しもの並ぶ梅雨晴れ間
梅雨空に鈍る出足や約束日
梅雨寒に後悔するや早仕度

08月
汗つたふ鈍き感覚老ひの首
背につたふ鈍き不快や夏衣
言い訳を重ね昼寝の日々虚し
目前の蚊も叩く気の失せし夕
思ひたち氷含みて夕の風
涼風と共に降り立つ庭のさき

09月
留守居宅夜半の虫の音わびしけれ

10月
秋の幸友と語らふ三時間
改築や勝手異なる友の家押し入れ開けて主に笑わる

11月
冬来たる妹不憫なり義弟逝く
山茶花や妹の目うつろ黄泉送り
ししおどし紅葉ひとひらこぼれけり

12月
年ごとに駆け来る早さ師走ゆく

2014年01月
同じこと繰り返す幸噛みしめて新たなる年又さぐりゆく
幼子のこゑよみがへる雪の朝
音失せし雪野鮮(あざ)やぐ眺めかな
風に舞ふ雪きらきらと軒の先


02月
一つ屋根風邪うつしあふ夫婦かな
風邪庵厨の主の変はりをり
老ひ怖し咳ひとつにも怯へをり
遅れきてそろり新たな年あゆむ












| コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top | 編集 ブログランキング・にほんブログ村へ←気に入ったら”ポッチン”して下さい☆

<<ポーチ | メイン | ご挨拶>>
コメント
 -
いつもながら言葉がこなれていますね。
心になじみます。

最後の句、ちょっと胸を突かれる思いがありました。
2013/01/24 23:03  | URL | おんち #XrwkbYLc[ 編集] |  ▲ top

おんちさん♪ -
>冬日射し一喜一憂妹の声
おんちさん、ありがとうございます。
義弟は明日一時退院できるそうですが、
まだまだ戦いの日が続きますので、妹が不憫でなりません。
幾つになっても妹は妹なんですね。^^
2013/01/25 11:54  | URL | 雅陽 #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://jigajisan2.blog85.fc2.com/tb.php/2312-8568db5c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。